Wayward Stable  ---きまぐれな厩舎---
・・・ジャックラッセルテリア・・・ 始まりは18年前、乗馬クラブにやってきた1頭の犬との出会い・・・ スノーレットとその息子たち、カービン、アーチそしてカービンの娘のレミー、3世代同居のきまぐれな日々と私のひとりごと。。。

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安らかに・・・



コピー ~ DSCF0006



昨日、1頭の馬が安楽死となった。

ちょっとしたアクシデントで馬の命は決まってしまうのは、やはりやりきれない思いである。

朝飼いのときまでは元気でいたそうだけど、その後に馬房で寝違えてしまって捻ったのか、

それとも打ち所が悪かったのか大腿部を骨折してしまったのだ。

脚は馬の命ともなる大事な支えである。

馬の脚に打ち付ける蹄鉄がほんのわずか違っただけで馬の歩様は変わってしまったり

妙な負担がかかってビッコになってしまったり。。。

あんな大きな体なんだからほんのわずかなんて大袈裟な・・・と思ってしまうかも知れないけど

それほど馬の脚の役割は繊細なもので『ガラスの脚』と言われるのも納得してしまうだろう。

そのガラスの脚が折れてしまったのである。




私たちが犬を獣医に連れて行くのと違って、馬等の獣医は限られていてそんなに多くはない。

連絡をしてもすぐに駆けつけてくるとは限らない。

他の所に行っていたりするとその診察を終えてからだから到着するのに何時間もかかってしまうのだ。

昨日も10時頃に発見されて、獣医が来たのが夕方だったという。

獣医が到着するまでの長い時間。。。

汗を流し、痛みを必死で耐えてる馬・・・

痛くて痛くてたまらなかったに違いない。

それなのに立っている。

立っているといっても震えながらやっとという感じなんだろう。

何もしてあげることが出来ず、見ているのが辛いと・・・

痛みに苦しんでる馬が目の前にいるのになんて無力なのかと・・・

そして誰もが早く楽にしてあげたいと思ったことだろう。



夕暮れ・・・獣医の手によって深い眠りについた。

痛かったよね。

苦しかったよね。

もうこれで痛くはないからね。

よく頑張ったね。

ゆっくり休むんだよ。

どうか安らかに。。。








にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. 2010/03/02(火) 20:34:52|
  2.  | トラックバック:0
  3.  | コメント:6

美味しいですか?



人の好みも様々で、犬の好みも様々で ・ ・ ・

そして馬の好みも様々あるようで ・ ・ ・

でも ・ ・ ・  




それはそんなに美味しいのですか?
 










馬




  1. 2008/05/14(水) 23:06:17|
  2.  | トラックバック:0
  3.  | コメント:2

いざ!北京へ!!











今日、ニュージーランドで行われた審査会で日本は第2位で通過
日本馬場馬術団体での北京五輪の出場が確定した。

クラブに行ったときはスノレたちも裕子ちゃんの邪魔を
するんじゃないよ。

裕子ちゃんおめでと~


  1. 2008/02/07(木) 20:57:14|
  2.  | トラックバック:0
  3.  | コメント:0

仲間だから。。。


今年も桜の季節はあっという間だったなぁ。
桜の花びらも散り始めた1週間前のこと、運動中の不慮の事故で1頭の馬が安楽死となった。
馬にとっては脚は命そのもの・・・

これがもし犬だったらギプスして腰ベルトで抱えてあげて、抱っこも出来るだろう。
最悪の場合でも今は犬用の車椅子を作ってくれるところもある。
でも、馬の骨折はそういうわけにはいかないのだ。

その馬の場合レントゲンの結果、繋のところが粉砕骨折だった。
繋というのは人間でいうと足首の部分かな。
さっきまではあんなに元気だったのに・・・
馬の脚ってガラスのような脚だよね。

その馬主さんの気持ちを思うといたたまれない気持ちになる。
ニモやうちの連中ともよく遊んでくれて・・・



横たわる馬にひたすらおが屑をかけるジョン!
ジョンの中では眠る仲間達への哀悼の儀式なのだろう。
そして、まるで喪主のように傍らにずっと座り続けている。
ジョンはこの15年間、何頭の馬達を見送ってきたのだろう。






01010100.P1010830.jpg






スノレは初めは恐る恐るだったが、匂いを確かめているうちに仲間だと悟ったのだろう。
なかなか起きない仲間に「早く起きてよ」と言っているように顔を舐めてあげながら
なかなか離れようとはとはしない。

迎えのトラックに馬を乗せる時、じっと見つめながら悲しそうな声をあげるスノレ・・・
お前にもお別れの意味は分かるのだろうか。
最後まで見送るのはジョンの役目・・・
トラックの後を追いかけクラブの門からトラックが見えなくなるまで見送るのだ。

こんな時、動物達の本能ってはかり知れないなぁとつくづく思ってしまう。
誰に教えられたわけじゃないのにしっかりと生と死を理解しているのだろう。
改めて実感させられる瞬間・・・


皆が感傷に浸ってる時・・・鉄砲玉のカービンが帰ってきた。
こんな姿になって・・・








01010100.P1010271~1.jpg





ぎゃ~~~!






01010100.P1010270~1.jpg




全身スリスリ・・・
めっちゃ臭い!
おまけにへんなおもちゃまで見っけてきて~

でも、こんなあんたたちがいいくれるから気持ちを引きずったままにはならないのかもね。
これも感謝・・・・・なのかな。

  1. 2007/04/19(木) 22:11:57|
  2.  | トラックバック:0
  3.  | コメント:10

三冠馬

一昔前まで競馬も乗馬もどっぷりはまっていたのが最近、馬からはすっかりご無沙汰していた。
巷では「ディープインパクト」たる馬が注目を集めているらしい・・・
競馬の世界からも遠のいていた私だったが、久しぶりに興味をそそられたのだった。
久しぶりに三冠馬の誕生!
それもただの三冠馬ではない!!
無敗の三冠馬が誕生したのだ!!!
あの末脚はすごい・すごい!!!!!
ルドルフ以来、21年ぶりの史上2頭目だという。
これは凄いことなのよ。
あのナリタブライアンでさえ無敗で・・・ということはなかったし、期待されていたフジキセキでさえも目前で故障し引退・・・
そう、この頃あたりから競馬の世界からは遠のいていってしまったのだなぁ・・・

その前に活躍してたトウカイテイオーという馬を覚えてる人はいるだろうか・・・
私の馬の原点・・・
01010100.P1010035~2.jpg


すごくバネのある馬で故障しては復活の繰り返しで「ガラスの脚」をもつ馬と呼ばれていたのだ。
でもテイオーの最後のレースは又すごかったよ!
希望と強さ根性をこの馬から教わった・・・
ちょっと気性難だったけどね・・・

ディープインパクトも来年は海外を目指すらしい・・・
脚は馬の命だから怪我のないよう頑張って欲しい!
それと今日は私の耳に「トウショウファルコ」の訃報が入ってきた。
黄金に輝く馬で東京競馬場で誘導場をしていた。
余生は横浜の根岸で送っていた・・・
ご冥福をお祈りします。

  1. 2005/10/24(月) 21:23:43|
  2.  | トラックバック:0
  3.  | コメント:8
  

プロフィール

remy

Author:remy
スノーレット ♀ (2000.4.6)
   ハイパー母ちゃん
   自由翻弄な脱走犯

カービン ♂ (2003.7.27)
   特攻隊長
   ちょっとシャイな一匹狼

アーチ ♂ (2003.7.27)
   我が家のアイドル
   遊び上手の甘えん坊

レミー ♀ (2009.9.24)
   2代目脱走犯
   怖いもの知らずのお嬢

おまけが・・・主人と私

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。